先端MR科学研究室

教授の前田は、NMR法による新しい計測装置を研究し、それを用いて生体超分子の計測を行っています。ハードを開発できる能力は、他の研究室にはない特徴です。工学や物理、化学の出身の方にも、なじみやすい研究室です。

また准教授の小柴は、主に細胞内情報伝達系に関わるタンパク質群の分子認識機構を、NMR分光法を中心とした各種の手法を用いて解析することで、複雑な情報伝達機構の分子レベルでの解明を目指しています。


NMR research
研究紹介
Member
メンバー
After Graduation
卒業後の進路
Publications
業績一覧
Mail
メール

生体超分子システム科学専攻へ
Department of Supramolecular Biology, Graduate School of Nanobioscience
Yokohama City University

English Page