ナビゲーションをスキップして本文へ
  • Japanese
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > イベント  > 理研・市大共催一般公開  > 平成22年度鶴見キャンパス・理化学研究所横浜研究所の「一般公開」

平成22年度鶴見キャンパス・理化学研究所横浜研究所の「一般公開」

平成22年度科学技術週間行事“発見したいな まだ誰も見つけてないこと”

横浜市立大学鶴見キャンパスと理化学研究所横浜研究所は共同して、7月3日(土)に毎年恒例の「一般公開」を開催します。
 「一般公開」は、今年で9回目。昨年度は2,600名以上の方にお越しいただいた大好評のイベントです。ふだん見ることのできない実験設備や施設を公開し、タンパク質を中心とした生命科学分野の研究について理解を深めていただく機会を提供しています。
 大学、研究所の研究室や研究施設の公開だけでなく、今年も生命科学分野の最先端の研究内容をご紹介する講演会や、子ども向けの実験教室、コンピュータなどを使った体験実習、ジグソーパズルラリーなど、楽しい催しが満載です。
 皆さんお誘いあわせの上、ご参加ください。

日時

平成22年7月3日(土) 午前10時〜午後5時(最終入場は午後4時30分)
※無料、入場自由

場所

横浜市立大学鶴見キャンパス・理化学研究所横浜研究所(横浜市鶴見区末広町1-7)
※当日はJR鶴見駅東口10番乗り場(JR・京急鶴見駅前)から一般公開会場まで直行の無料シャトルバスが出ます。
※お車でのご来場はご遠慮ください。

一般公開開催プログラム

講演会「インフルエンザへの挑戦」

講師:横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科 教授 朴三用
時間:11:00〜11:45
場所:理化学研究所交流棟ホール
※定員250名。直接会場にお越しください。
※その他、理化学研究所横浜研究所の講師3名が講演予定です。

<講演内容>
人類は20世紀に入り数回の新型インフルエンザウイルスの登場を経験しています。新型インフルエンザウイルスが出現すれば、人々は当然過去にこのウイルスの感染を受けた事がないため抗体もなく、一時に新型ウイルスの感染を受ける人が多くなり、容易に大流行が起こります。高病原性である鳥インフルエンザウイルスの人への感染や2009年4月にメキシコで発生し大流行を見せた豚由来の新型インフルエンザは記憶に新しいです。幸いにタミフルなどの薬剤が有効であり弱毒性でありましたが、ウイルスの変異は頻繁に起こりうるためいつこれが強毒型に変異を遂げるかその脅威は想像に難くありません。講演では、インフルエンザウイルスの持つRNAポリメラーゼを新規薬剤開発の最先端研究を紹介します。

実験教室

●「ホタルの光をつくってみよう!」
 対象 :小中学生(保護者同伴可)
 時間 :1回目 11:00〜12:00    2回目 14:00〜15:00
 定員 :各回20名

●「からだの不思議を調べてみよう」
 対象 :小中学生(保護者同伴可)
 時間 :1回目 12:30〜13:30    2回目 15:30〜16:30
 定員 :各回20名

※当日10時より1階ロビー実験教室受付窓口にて受付を開始します。
 (先着順、定員に達し次第締切)

体験型イベント

●クイズに答えてバイオ分子博士になろう!〜認定証がもらえるよ〜(2階コンピューター実習室)
●細胞の膜タンパク質研究とシャボン玉〜シャボン玉で遊ぼう!〜(1階バルコニー)
●超低温の不思議な世界〜-196℃のマシュマロを試食してみよう!〜(実験棟1階入り口)
●食べ物に使われるいろいろな粉の性質を調べてみよう〜小麦粉粘土で遊ぼう!〜(5階相関科学研究室前廊下)
●いろんな色のイクラをつくってみよう!(3階機能科学研究室)
●スライムで遊ぼう!(3階計測科学研究室)

※体験型イベント参加希望の方は直接会場へお越しください。

施設公開・実験機器デモストレーション

●質量分析装置デモストレーション 「質量分析ってどうやるの?」
●スーパーコンピューター見学説明会
「スパコンってなあに?〜今話題のスパコンを見てみよう!〜」
●NMR(核磁気共鳴装置)
●X線回折装置

入試相談会(生命ナノシステム科学研究科生体超分子システム科学専攻(博士前期・博士後期))

鶴見キャンパスの入試に関すること、何でもご相談ください。

研究室紹介

タンパク質の「かたち」をレントゲン(X線)で調べて、その働きを見てみよう(構造科学研究室
ミクロとマクロで生命の不思議に迫るー老化・癌化・細胞分化・エイズー(計測科学研究室
パソコンでタンパク質の世界をのぞいてみよう(情報科学研究室
タンパク質とDNAの形(機能科学研究室
結晶を作ろう!(設計科学研究室
微生物の不思議な世界(創製科学研究室
パンとタンパク質-パンができるわけ-(相関科学研究室
細胞の中で働くゲノム(ゲノム機能科学科学研究室
超伝導の不思議な世界を体験してみよう(先端MR科学研究室
遺伝子の発現をみてみよう(ゲノム情報資源探索科学研究室
研究室ってどんなところ?(分子生理学研究室
腸内細菌の不思議 Wonder of commensal micorbiota(免疫生物学研究室
植物からプラスチックを創るために(環境分子生物学研究室
免疫アジュバントって何?/植物メタボローム研究の最前線(ポストゲノム細胞生物学研究室

問い合わせ先

横浜市立大学 学務・教務課 鶴見キャンパス担当(鶴見キャンパス事務室)
TEL:045-508-7201