ナビゲーションをスキップして本文へ
  • Japanese
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > イベント  > 理研・市大共催一般公開  > 【開催報告】鶴見キャンパス・理化学研究所共催一般公開「科学の未来に好奇心ドキドキ!」(平成23年10月8日(土))

【開催報告】鶴見キャンパス・理化学研究所共催一般公開「科学の未来に好奇心ドキドキ!」(平成23年10月8日(土))

平成23年度科学技術週間行事“輝いている 科学するときのあなたの目”

鶴見キャンパス・理化学研究所共催一般公開「科学の未来に好奇心ドキドキ!」

平成23年10月8日(土)に理化学研究所と共同で鶴見キャンパスの一般公開を開催しました。
鶴見キャンパスでは、各研究室の研究室紹介、NMRやX線回折装置、スーパーコンピューターなどの研究施設公開や質量分析装置のデモストレーション、子供向け実験教室や-196℃のマシュマロの試食体験など楽しいイベントを行いました。
また理化学研究所交流棟ホールでは、大学院生命ナノシステム科学研究科生体超分子システム科学専攻の高橋栄夫教授による講演を行いました。
当日は1,900名の方にご来場いただき、大盛況のうちに終えることができました。

体験イベントの様子

実験教室「いろんな色のイクラをつくってみよう!」

 実験教室「いろんな色のイクラをつくってみよう!」には、計36人の小学生にご参加いただきました。人口イクラをアルギン酸ナトリウムという昆布のヌルヌルのもととなるもの塩化カルシウムという豆腐を固める時に使われる「にがり」の主成分となるものを混ぜ合わせて作りだします。実験教室ではスポイトを使い色のついたアルギン酸ナトリウム水溶液を吸い込み、塩化カルシウム水溶液にぽたぽたと落としてカラフルなイクラをつくり、つぶしたり形を変えたり、色の変化を観察する実験をしました。

 参加したお子さんからは「イクラができたことに感動しました」「まるくかたまっておもしろかった」「いろいろな色のイクラを作れてとても楽しかった」「たのしかった」などの感想をいただきました。

実験教室「食べ物からDNAをとってみよう!」

 実験教室「食べ物からDNAをとってみよう」では、すべての生物がもち、高分子生体物質で地球上のほぼ全ての生物において遺伝情報を担う物質となっているDNA(デオキシリボ核酸)について、身近な食べ物であるバナナを利用しDNAを抽出する実験をしました。
 実験に使った食塩や食器用洗剤などの材料を見て、参加者の方々は普段の生活でもよく関わるもので抽出実験ができることに驚いていました。
 
 合計40名にご参加いただき、参加したお子さんからは「初めてDNAが見れたので嬉しかった」「DNAは白くて見やすくてわかりやすかった」「とても楽しく学べてよかった」「家にある物でもこんな実験ができることにおどろきました」などの感想をいただきました。

その他の主な体験イベント

 毎年好評のイベント「-196℃のマシュマロを試食してみよう!」では、不思議な食感のマシュマロに皆さん思わず笑顔がこぼれていました。

 またイベント「スライムで遊ぼう!」では、のびるスライム、はずむスライムの2種類のスライムを作りました。お子さんたちが自分の好きな色をつけたり混ぜたりして、楽しそうに作っていました。

 コンピューター実習室では来場の方々が自分でパソコンを操作してゲームやクイズに挑戦するイベント「クイズに答えてバイオ分子博士になろう!〜認定証がもらえるよ〜」が行われ、正解者には「バイオ分子博士認定証」が授与されました。
 イベント「おりがみで雪の結晶をつくってみよう!」では、おりがみで結晶を組み立て、イベント「小麦粉粘土で遊ぼう!」では小麦粉やライ麦粉など性質が違う粉で作った粘土で遊びながらグルテンができる仕組みを学びました。

ゲスト開催のイベント

 

 昨年に続いて、金沢八景キャンパスから学部学生サークル「科学研究会」が参加し、実験体験イベント「見たい☆やりたい☆科学教室」を行いました。ゴムボールを液体窒素で凍らせるとどうなるのかという実験や薄層クロマトグラフィーなど、たくさんのショーがあって参加したお子さん達また保護者の方々も楽しんでいました。


研究施設公開「NMR、X線回折室、スーパーコンピューター」

 鶴見キャンパスは最新の研究設備が整っています。一般公開では普段見ることができない最新の研究機器を公開し、一般の方々にも理解していただけるよう説明しました。
鶴見キャンパスにおいて主要な実験機器であるNMRやX線回折装置、質量分析装置、スーパーコンピュータなどを一般の方々に公開しました。
 X線回折装置について来場された方は、担当教員から同装置の使い方や用途などについての説明を熱心に聞いていました。

講演会「核磁気共鳴(NMR)分光法と創薬研究」 生命ナノシステム科学研究科 高橋栄夫 教授

 理化学研究所交流棟ホールで行われた講演会では、生命ナノシステム科学研究科生体超分子システム科学専攻の高橋栄夫教授が講演しました。

 高橋教授は生体高分子が関わる相互作用のメカニズムを多角的に核磁気共鳴(NMR)法で解析し、新しい概念に基づく機能性分子設計に繋がる研究を行っています。
 講演ではNMR分光法の原理説明やNMRを用いてどのようなことがわかるのか、また創薬研究との関わりを紹介し、参加者の方々は大変分かりやすい内容に熱心に聞き入っていました。

ヨッチー、ワッくんが遊びにきてくれました!

 今年も市大キャラクターのヨッチーと鶴見区キャラクターのワッくんが遊びに来てくれました!

 来場者にはお迎えとお帰りの際にはお見送り、また一緒に記念撮影をしたりと小さいお子様から年配の方々など老若男女に大人気でした!!

たくさんの方のご来場ありがとうございました。来年もお楽しみに!

 鶴見キャンパス・理化学研究所共同開催の一般公開は例年、7月上旬に開催しておりましたが、平成23年に発生した福島第一原子力発電所の事故等による供給電力不足の影響から平成23年度は10月に開催しました。

 平成24年度の一般公開の開催日はまだ未定ですが、開催前にはWEBサイト等でご案内いたしますので、ぜひ来年の一般公開に皆様お越しください。

問い合わせ先

学務・教務課鶴見キャンパス担当
(鶴見キャンパス事務室)
住所:〒230-0045 横浜市鶴見区末広町1-7-29
電話:045-508-7202