ナビゲーションをスキップして本文へ
  • Japanese
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 専攻概要  > 研究施設

研究施設

生体超分子システム科学専攻(鶴見キャンパス)は日本最大級の900MHzNMR装置をはじめとするNMR装置やX線発生装置、単結晶用X線回折計、質量分析計、並列計算スーパーコンピュータCray XT4など、ひとつの大学としては日本国内最高位、世界的にもトップレベルの研究環境を誇っています。

ここでは本専攻の研究施設についてご紹介します。

各研究施設の紹介