ナビゲーションをスキップして本文へ
  • Japanese
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 研究成果  > 博士学位論文一覧  > 2005年度 博士学位論文

2005年度 博士学位論文

種別 学位の種類 氏名 学位授与日 学位論文名
(和訳)
博士(理学) 穐本 智 平成17年9月30日 The regulatory mechanism of the FixL kinase activity in Sinorhozobium meliloti
(根粒菌酸素センサーたんぱく質FixLのキナーゼ活性制御機構の解析)
博士(理学) 伊藤 喜之 平成17年12月28日 Structural investigation of general transcription factor TFIIE
(基本転写因子TFIIEの構造研究)
博士(理学) 松村 米浩 平成17年12月28日 Development of a spot reliability evaluation score for DNA microarray
(DNAマイクロアレイデータに対するスポット単位の信頼性指標の開発)
博士(理学) 木内 勲 平成18年3月24日 Endo-membrane systems of symbiotic protists of the lower termite, Reticulitermes speratu
(シロアリ共生原生生物の細胞内膜系に関する研究)
博士(理学) 岸田 寛行 平成18年3月24日 Crystal structure of penicillin binding protein 4(dacB) from Escherichia coli, both in the native form and covalently linked to antibiotics
(大腸菌由来ペニシリン結合タンパク質4(dacB)と各種抗生物質複合体のX線結晶構造解析)
博士(理学) 滝沢 善政 平成18年3月24日 Studies of mechanism of homologous recombination mediated by the human Rad51 protein
(ヒトRad51による相同DNA組換え機構に関する研究)
博士(理学) 馬場 大地 平成18年3月24日 Crystal structure of Thymin-DNA Glycosylase conjugated to SUMO: Mechanism of SUMOylation-dependent TDG dissociation from DNA
(SUMO修飾されたチミンDNAグリコシラーゼの結晶構造TDGにおけるSUMO修飾依存性のDNA解離機構)
博士(理学) 横山 武司 平成18年3月24日 A new structural basis for the oxygen affinity regulation of vertebrate hemoglobins
(脊椎動物のヘモグロビンの酸素親和性制御に関する新たな構造学的知見)
博士(理学) 有田 恭平 平成18年3月24日 Structural basis for Ca2+ -induced activation and substrate recognition of human peptidylarginine deiminase 4 (PAD4)
(ヒト由来ペプチジルアルギニンデイミナーゼ4のカルシウム結合による酵素活性化及び基質認識機構の構造的基盤)
博士(理学) 田中 敦成 平成18年3月24日 Roles of the heme distal residues of FixL in O2 sensing
(酸素感知におけるFixLのヘム遠位側にある残基の役割)
博士(理学) 野村 充 平成18年3月24日 Interaction of the neural restrictive silencer factor NRSF/REST with the corepressor mSin3B
(神経選択的サイレンサー結合因子NRSF/RESTとmSin3Bの相互作用解析