ナビゲーションをスキップして本文へ
  • Japanese
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 研究成果  > 博士学位論文一覧  > 2006年度 博士学位論文

2006年度 博士学位論文

種別 学位の種類 氏名 学位授与日 学位論文名
(和訳)
博士(理学) 橋戸 公則 平成18年5月31日 Analysis of water permeation mechanism of Aquaporin family: A comparative simulation study
(分子動力学シミュレーションによる水チャネル蛋白質Aquaporinの機能解析)
博士(理学) 加納 豊 平成18年8月31日 Different requiremnts for the association of ATR-ATRIP and 9-1-1 complexx to the stalled replication forks
(ATR-ATRIPと9-1-1複合体の失速した複製フォークへの結合に対する異なる要求性)
博士(理学) 長谷川 由紀 平成18年12月28日 Development of Simple and specific Exon Profiling Method utilizing RecA Protein
(RecAを用いた選択的スプライシングExon検出法の開発)
博士(理学) 高津 京子 平成18年12月28日 A novel approach for SNP genotyping with fluorescently labeled mononucleotides
(蛍光標識ヌクレオチドモノマーを用いた新規一塩基多型解析法の開発)
博士(理学) 本多 賢吉 平成19年3月23日 Physical Interaction of RecR with RecO and RecF via Its Toprim Domain Contributes to Recombinational Repair of Gapped DNA
(ギャップDNAの組換え修復においてRecR蛋白質はトップリムドメインを介してRecF、RecO蛋白質と相互作用する)
博士(理学) 水谷 健二 平成19年3月23日 Crystal Structure of RluD from Escherichia coli
(大腸菌由来RluDの結晶構造)
博士(理学) 今崎 剛 平成19年3月23日 Structural basis of novel cargo recognition and dissociation mechanisms by transportin 1
(Transportin 1の基質認識、基質解離機構についての構造生物学的研究)
博士(理学) 酒井 智美 平成19年3月23日 In-Cell NMR Spectroscopy of Proteins inside Xenopus laevis Oocytes
(アフリカツメガエル卵母細胞内におけるタンパク質のin cell NMR)
博士(理学) 直江 洋一 平成19年3月23日 Structural study of Calcineurin B homologous protein 1
(CHP1の構造生物学的研究)
博士(理学) 藤本 昌紀 平成19年3月23日 CMRF-35-like molecule-5 constitutes novel paired receptors, with CMRF-35-like molecule-1, to transduce activation signal upon association with FcRγ
(マウス新規ペア型受容体の解析)
博士(理学) 吉田 知 平成19年3月23日 Characterization of Arabidopsis ABA hypersensitive loci encoding protein phosphatase 2Cs that regulate ABA signaling during seed germination
(種子発芽におけるアブシジン酸情報伝達経路で主要に機能するプロテインホスファターゼC2の解析)