ナビゲーションをスキップして本文へ
  • Japanese
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 専攻概要

専攻概要

鶴見キャンパスは同一キャンパス内にある理化学研究所との連携大学院として2001年4月に開設し、京浜臨海部研究開発拠点「横浜サイエンスフロンティア」の中核機関として、生命の神秘を原子・分子レベルで解明する生命科学分野のパイオニアとして世界的に注目されています。

鶴見キャンパスに設置された生体超分子システム科学専攻(博士前期課程・後期課程)では、(1)基礎と応用との均衡ある教育研究体制(2)理研との組織的連携による教育研究の機動的展開(3)産業社会に貢献する技術開発を促進する戦略的教育研究の推進、を特色としており、生体超分子のシステムに関する総合的かつ実践的な教育体制によって、21世紀に求められるバイオ研究のエキスパートの養成を目指しています。

専攻の理念

生体超分子システム科学専攻の理念についてご紹介します。

理研との連携

理化学研究所との連携についてご紹介します。

専攻の研究施設

生体超分子システム科学専攻の最先端研究施設についてご紹介します

専攻の講義・実習

生体超分子システム科学専攻の講義・実習の特色についてご紹介します。

鶴見キャンパスのキャラクター

鶴見キャンパスのキャラクター
鶴見ヨッチーについてご紹介します。

関連サイト

関連サイトへのリンク集です。