生命医科学研究科
search

研究科概要

生命医科学研究科は生命医科学専攻のみで構成されています。本研究科では、ポストゲノム時代に対応できる研究開発能力を持った人材を育成するために、革新的な計測技術を駆使した生物学の新分野として原子レベルや分子レベルでの生命医科学の確立を目指します。生命原理を物質に基づき原子レベルで解明する構造生物学を基盤として、生体分子→生体超分子複合体→細胞内オルガネラ→細胞→器官→個体からなる生命の階層性を理解する教育を行います。また細胞極性や細胞ネットワークにおける細胞間コミュニケーション、分化や細胞初期化に関連するエピゲノム、再生医療につながる生殖細胞の独自性、あるいはさらに高次生命現象としての神経科学などを分子レベルや原子レベルで理解し、様々な疾病に対する合理的な創薬などの教育も行います。さらに、国内の独立行政法人(理化学研究所、産業技術総合研究所など)との連携や国外の教育機関とのネットワークにより、グローバルな視点からも教育を行います。

本研究科で得られた知識、経験を元に人類の抱える健康、環境、衛生、医療などの課題に国内外で活躍出来る人材を育成します。そのために必要なベンチャー起業論や知的財産論などの教育も行います。

教育の特色

生命医科学研究科の教育の特色についてご紹介します。

研究科の特色

生命医科学研究科の特色についてご紹介します。

カリキュラムの構成

生命医科学研究科のカリキュラムの構成についてご紹介します。

研究科の研究施設

生命医科学研究科の最先端研究施設についてご紹介します

鶴見キャンパスのキャラクター

鶴見キャンパスのキャラクター/鶴見ヨッチーについてご紹介します。

関連サイト

関連サイトへのリンク集です。

研究科概要